1. HOME
  2. ブログ
  3. 補助金情報
  4. テレワーク等のデジタル化設備の導入促進を進めている企業様へ

BLOG

ブログ

補助金情報

テレワーク等のデジタル化設備の導入促進を進めている企業様へ

アクシュアの提携税理士法人(CWM総研)より経営に役立つ情報が届きましたので、ご案内いたします。

今回のキーワードはこちらです。

#テレワーク
#遠隔操作
#可視化
#自動制御化
#ものづくり補助金
#IT補助金

中小企業経営強化税制(C類型)

国は生産性向上を目指して、テレワーク等のデジタル化設備の導入促進に向けて、即時償却または税額控除(取得価額の10%)を選択適用することができるよう新たにC類型を設立しました。

税理士等の認定支援機関の事前確認のもと、経営力向上計画を申請し、経済産業省の認定を受けることで、その後に取得したデジタル設備の優遇税制 (即時償却・税額控除)の適用が可能になります。

なお、C類型の対象設備は「遠隔操作」「可視化」「自動制御化」のいずれかのキーワードに該当する投資計画が必要となります。

各種補助金の特別枠(新型コロナウイルス対策)

新型コロナウイルス感染症の影響を受ける中小企業向けに、国では無利子・無担保 の融資制度などの資金繰り対策だけでなく、Afterコロナに向けて前向きな設備投資を行う事業者への特例措置を設けています。

例えば、ものづくり補助金・IT導入補助金では「補助率が1/2→2/3」に拡大され、小規模事業者持続化補助金では「補助額が 50万円→100 万円」に拡大されることとなりました。

これらの特別枠を活用して自社の設備投資に活かすことができないか?いま一度、ご検討下さい。
なお、ご不明点がありましたら、お気軽にご相談下さい。

税理士法人CWM総研

お問い合わせはこちら

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事