1. HOME
  2. ブログ
  3. マーケティングの本質
  4. 【サブスクビジネス】予約待ちの大人気!ビール業界のサブスクとは?

CONTENTS

お役立ち情報

マーケティングの本質

【サブスクビジネス】予約待ちの大人気!ビール業界のサブスクとは?

売上を伸ばしたいと思ったとき、新規顧客の獲得に注力したりする企業はたくさんあります。

しかし、大切なのはその顧客があなたの会社との取引を継続することですよね。

そこで、近年注目されているのが、「サブスクリプション」です。
いわゆるサブスク。

サブスクとは簡単に言えば、「月額制」です。
最近、よく見ると思います。

「月々2,000円払えば、映画やドラマが見放題」といったようなもの。
毎月お金をいただく=継続的なお付き合いを前提としたビジネスモデルです。

サブスクモデルで成功した例に、「キリンビール」があります。

キリンビールは、月額制サービス「KIRIN Home Tap」を展開しています。

このKIRIN Home Tapでは、専用ビールサーバーを無料でレンタルでき、

作りたてビールボトルが毎月2回届いて、専用サーバーを使って飲むことができます。

クリーミーな泡を生み出すサーバーと、5種類のビールボトルのラインナップがあり、予約待ちが発生している人気ぶりで、既存顧客のファン化に成功、売上も大幅にアップしています。

「自宅で新鮮で美味しいビールが飲める」というライフスタイルをサブスクを通して販売しているのですね。

もちろん、「うちの業態はサブスクに合わないよ。」
という場合もあるでしょう。

でも、サブスクを検討することで「お金を払ってでも 継続的に利用したくなるサービス」を考えるきっかけが作れます。

さらに言えば、業界内でまだサブスクモデルが浸透していないとしたらチャンスがあるかもしれません。

KIRIN Home Tapで言えば、このサービスの開始から既に2年近くが経過していますが、

競合のアサヒ、サントリーはまだ同様のサービスを始められていません。

2013年からすでに開発をスタートさせていた、という「一日の長」があることはもちろんですが、

同業が「参戦しにくい」と思っているビジネスモデルだからこそチャレンジしてみる価値はあるかもしれません。

ラーニングエッジ社で開催しているこちらのセミナーでは、お客様が継続して買いたくなる、原理原則をお伝えしています。
ぜひ参加してください。

https://lp.seminars.jp/mbs/pv3/index.php?route=bp7524rs

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事