1. HOME
  2. ブログ
  3. マーケティングの本質
  4. 石川啄木から学ぶ「理想の経営」の実現方法

CONTENTS

お役立ち情報

マーケティングの本質

石川啄木から学ぶ「理想の経営」の実現方法

「いかなる問題であっても、具体的であるという事は、最後の、しかして最良の結論だ。」

詩人、石川啄木の名言です。

経営においても、【具体的にすることが、最大の解決策】です。

  • 経営の方向性を決定するとき
  • 目標達成へのプロセスを
  • 社員や部下に伝えるとき

あなたは具体性を持って意思決定・伝達を行えているでしょうか?

もしあなたが現在、

  • 経営の方向性が見えない
  • なかなか経営目標を達成できない
  • 社員や部下が付いてこない

というような状況に陥っている場合、具体性を欠いた経営を行っているかもしれません。

では、そもそも具体性とは何でしょうか?

「具体性を持つ」というのは、言い換えれば、「はっきりさせる」ということです。

(当然ではありますが…)

例えば、経営の目標を決定するとき、

「どういう手法が存在するか」
「どういう手順で行けばうまくいくか」

こういった、あなたが今現在持っている知識、いわば「武器」を、洗いざらい吐き出して、可視化します。

あなたの「武器」を可視化したとき、「どうすれば目標を達成できるか」のプロセスが明確になり、具体性のある経営目標を立てることができます。

また、具体的にすることが大切なのは、自分だけの問題に限りません。

「社員が思うように付いてこない」
「売上目標を達成できない」
「社員のモチベーションが低下している」

こういった問題も、具体性を持たせることで、解決の兆しが見えてきます。

社員や部下から思ったような(成果をはじめとした)アウトプットがないなら、

それは彼らへのコミュニケーションに問題があるのかもしれません。

「何をすべきか」「何が大切か」
「何を期待されているか?」

といったことを、理解できていないかもしない。

そうであれば、求める結果が出なくても仕方がありませんよね。

逆にあなたの求めることを社員や部下が100%理解できれば、

あなたの思い通りの結果を出し、仕事のモチベーションも上がり、あなたに付いてくることでしょう。

このように、具体性を持った意思決定・伝達を行うことで、

経営のあらゆる問題を解決ヘと導いてくれます。

あなたが持つ経営に関する知識、いわば「武器」は、あなたの経営に「具体性」をもたらします。

さらなる知識をつけることによって具体性は増し、さらに明確な意思決定・伝達を行うことができるようになり、あなたの思い描いた通りの組織形成ができることでしょう。

あなたの経営に具体性を持たせるための経営ノウハウを学びたい方は
ぜひ、こちらのセミナーにお越しください。

https://lp.seminars.jp/mbs/pv3/index.php?route=bp7524rs

最後までお読みいただきありがとうございました。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事