1. HOME
  2. 会社案内
  3. 社長挨拶

COMPANY

会社案内

社長挨拶

MESSAGE

社長挨拶

繋がる力で社会を動かす。

大学卒業後、埼玉県の生活困窮世帯の支援から一転、富裕層向けの高額商品を販売。
日本における経済格差を目の当たりにしてきました。
この経験が、アクシュア株式会社を設立したきっかけになりました。
アクシュアは、ソーシャルビジネスを総合プロデュースする会社です。
企業・行政・NPOのネットワークを駆使して、プロジェクトチームを迅速に結成。
様々な社会課題の解決に向けて、戦略立案・企画・運営・宣伝までトータルでサポートします。

アクシュア株式会社 代表取締役社長
田中恵理

プロフィール

1986年11月22日生まれ。埼玉県川越市出身。

幼少期から社会貢献活動に関心があり、大学ではNPO、まちづくり、環境問題、社会教育など幅広く学ぶ。
2010年、埼玉県の事業である「生活困窮者チャレンジ支援事業(通称=アスポート)」の立ち上げに携わる。
学習支援員、事務局次長として、引きこもりや不登校などの問題を抱える中高生の学習支援や家庭訪問を行う。
のちに、モデル事業として全国に取り組みが広がっていく。

2014年、NPOこそ経営と広報のノウハウが必要だと思い独立。
経営者アシスタント事業を始める。
ビジネス経験がないため苦労するが、就活サイトの短編小説連載、高級家具のプロデュース、零細企業の業務改善など、クライアントと試行錯誤を重ねながら成果を上げていく。
特に、WEBマーケティングにおいては、たった90日間で売上4.3倍に貢献、コミュニティーを1ヶ月で0→4000人にスケールアップさせるなどの実績がある。

その後、体調を崩し、今後の女性としてのキャリアや将来への不安を抱える中、自宅療養中に1ヶ月でホームページ制作を独学で習得する。

2019年、アクシュア株式会社を設立。
また、埼玉県庁より「子どもの居場所づくりアドバイザー」として任命され、県内の子ども食堂などの広報・SNSの活用方法に関するアドバイスを行う。
「志を繋ぎ、社会資源を循環させ、こどもの貧困をゼロに」を理念に、2030年までに埼玉県の子どもの貧困をゼロにするプロジェクト(=子どもの貧困ゼロプロジェクト)を提案している。

所属

  • アクシュア株式会社 代表取締役
  • 合同会社FLEC(富士生涯大学校)人事教育事業 事業統括部 マーケティング室長
  • 同社 SDGs経営支援センター 所長
  • 埼玉県子どもの居場所づくりアドバイザー(広報・IT)
  • 株式会社maa(東京まあるい学校) 広報アドバイザー
  • ラーニングエッジ株式会社 セミナーズ認定セールスパートナー

講師・後援実績

  • 厚生労働省主催全国ケースワーカー研修会
  • 埼玉県福祉部主催こども食堂フォーラム「広報戦略講座」
  • その他、大東文化大学、高校教諭研修会など
  • 起業家、経営者向け「日本一やさしいホームページ教室」を主催。開催回数100回以上

執筆実績

  • 全国社会福祉協議会出版部「生活と福祉」 記事執筆
  • 『生活保護200万人時代の処方箋~埼玉県の挑戦~』記事協力
  • 就活サイト短編小説連載、出版
  • 読売新聞主催エッセイコンテスト入選

出版